本文へスキップ

いろいろなOffice 何がどう違うのか、わかりやすく解説いたします。

パソコン修理・データ救出・販売・処分

〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2081

修理:046-278-3200 販売:046-274-2522 廃棄:046-278-3203

オフィスソフトについて

【掲載:2013年10月23日】

パソコンについているオフィスソフトには、いくつか種類があります。
ここでは各オフィスソフトの特徴をピックアップし、どのような違いがあるのかをご説明します。

Microsoft Office

シェアNo.1 マイクロソフトオフィス  ご存知マイクロソフト社のオフィス。ビジネスシェアNo.1
  文章ソフトをWord、表計算ソフトをExcel、メールソフトをOutlook
  プレゼン用ソフトをPowerPointと呼びます。
  80年代より続くオフィスソフトの大御所であり、ブランド力は随一。
  基本的にWindowsのオフィスと言えば、これが一番有名です。
                     安定のオフィスですが、その分、価格も高め。

MicrosoftOffice2010
【画像:MicrosoftOffice・Excel】

Kingsoft Office

互換性の高さがウリ Kingsoftオフィス 価格と互換性に優れた、キングソフト社製オフィス。
 文章ソフトをWriter、表計算ソフトをSpreadSheets、プレゼン用ソフトを
 Presentationと呼びます。
 その低価格と、MicrosoftOfficeとの高い互換性が特徴のオフィス。
                    このソフトで作成したファイルはMicrosoftOfficeで開くことができ、また
                    その逆も可能。ただし、若干の文字ズレや色違いなどは起こります。
                    近年評価が上昇中、簡単な文章作成程度ならこのオフィスでも十分。

キングソフトオフィス
【画像:KingsoftOffice・Spreadsheets】

Apache Open Office

無料というのが一番の特徴、OpenOffice   オープンソースでの開発による、無料のオフィスソフト。
   文章ソフトをWriter、表計算ソフトをCalc、プレゼン用ソフトをImpress
   呼びます。
   こちらもMicrosoftOfficeとの互換性がありますが、やや不完全。
                   フリーのソフトであるため、サポート面は当然弱く、玄人向け。

OpenOffice
【画像:OpenOffice・Writer】


営業カレンダー

休業日
修理・販売 
修理・販売、PC引取センター

※日曜日PC引取センターは

 営業しております

その他の営業・活動など


Yahoo!オークション